私にたくさんの成長の
きっかけをくれました。

interview #3

2014年入社
商品企画

後藤 遥

GOTO HARUKA

信頼できる会社で働きたい

ファッションの専門学校を卒業後、他社での販売員を2年間していました。でも入社前に提示された条件と実際の条件が異なっていたことで、徐々に不信感が募り転職を決意。セキミキの洋服が好きだったので面接を受けたのですが、話しやすい雰囲気に社柄の良さを感じ、入社を決意。ここは嘘をつかない会社だと思ったんですね。

まずは自分が本音で話しています

お客様に無駄なものは買って欲しくないんです。だから店舗で働いていた時は、お客様の洋服やネイル、鞄などからお好みを把握して、必要だと思っていただけそうなものだけ提案していました。以前にも同じようなものを買われていたら、もちろんそれも伝えます。「良いことも悪いことも言ってくれるから、安心できる」とお客様に言われたとき、嬉しかったですね。入社前の私からは考えられません。だって自分からお客様や仲間に、意思を伝えることが苦手だったんです。ホンネに寄り添うことを意識したら、どうやら性格も変わったみたい。

洋服のデザインにもさりげない気遣い

セキミキの服って、トレンドを取り入れつつも、何年にもわたって着れるようなデザインが多いんです。年齢を制限していない服なので、自分が年をとっても長く働けるのもいいところ。同時にボタンのデザインだったり、生地だったりに小さなこだわりが散りばめられていると感じます。店舗で働いていた私だからできる商品づくりもあると思うんです。今は副社長の元で少しずつ経験を積みながら、技術を磨いているところ。将来的には自分のブランドを立ち上げれるレベルにまで、もっていきたいですね。

こうなりたいを応援してくれる会社です

うちの会社って誰かが必ず、なにかに気づいてくれるんです。今回商品企画になれたのだって、社内公募を見てマネージャーに相談したところ、背中を押してもらったからですし。副店長時代に新人育成で悩んでいた時もそうでした。後輩から「私、やりますよ」と声をかけてもらい、思い切って、仕事を任せてみました。以来、人にお願いすることができるようになったんです。困っている人がいたら声をかける、手を止めて話を聞く。このようにお互いの思いに心を馳せる環境が、挑戦の風土を培ったのだと思います。